オルガさん

2007年07月28日

キューバのオルガさん家族が住んでた

本日、須藤さんから昭和38年撮影の写真が送られてきました

メールに添えられた説明をそのまま載せます
須藤さんメールより
撮影は昭和38年9月4日撮影者は私です。この翌日、取り壊し改築しました。
店名も「山源須藤商店」から「有限会社ヤマゲン」と改称し、実質的に私が父から経営を引き継ぎました。
隣は倉持自動車商会と云い、此処が昭和20年代まで「ヴォルガ商会」が有った所で、ズベェレフ一家が住んでいました。
 この家は昭和8年の大火の翌年父が建てたもので30年間補修しながら住んでいまし


このお店の隣にオルガさん家族が住んでたんですね
彼女達が見たら懐かしいでしょうね

f218fc38.jpg


函館松風町生まれのロシア人(今はキューバ在住)

oruga.bmp


at 15:12|PermalinkComments(2)

2007年03月15日

函館 松風町生まれのロシア人

函館生まれオルガさんとナーシャさん

再度登場
今日3月14日、オルガさんと直接連絡がとれる環境になりました
それと下の地図にあります須藤子供乗物店さんのお父さんから
オリガさん家族の思い出メールを頂、転送いたしました

今回の発端
私がある飲み屋さんのママから尋ねられた

ママ
あんたさー松風町に昔ねー、ロシア人家族が居たの知らない?


知らないなーーまだ子供だったからねーーー

ママ
ここにほれ、写真あるから見てみな


ほんとだ居たんだね

その後、なんとなく気になってた時に
下のニュース書き込みを発見

そしてブログに紹介

それを見たmakipapaがあれーこれお婆ちゃんが言ってた
隣のロシア人家族の事だ、、、と感じ
私の連絡をくれました

その後makipapaはお父さんに連絡してくれて
今度はオルガさん家族と一番仲良しだったお父さんからメール
それを転送、、、後は、、、お返事を待つ。

その後、オルガさと、makipapaのお父さんは
直接メールのやりとりが出来ました

今後は、オルガさんの小学校時代の友達を探したいと思います。


しょんな事から、この写真の主の所在が判り
50年以上昔の幼友達同士を繋げるお手伝いができそう


オルガさんの事が掲載されてるサイト
【望郷の函館】日本の下駄がほしかった

【望郷の函館】横浜でのつらい日々

望郷の函館】思い出の東京・青春時代

【望郷の函館】夢のモスクワに着いたが 苦難つづくソ連での生活

【望郷の函館】キューバで40回目のクリスマス


私はこの記事を読んで、去年聞いた松風町のロシア人だと確信し
この女の子の隣に住んでた女性が居る事も判った

両者を会わせる事ができたら、嬉しい。

昭和15年生まれ昭和29年まで函館に居た
途中9歳から横浜方面そして、再度戻ったそうです

大森小学校に通ってた

姉のガリーナ・アセーエヴァさんの情報もありました


0e414486.jpg


オルガさん家族が住んでたエリア昭和36年
b9a7b7f8.jpg



しばらくは、この情報をトップにします

今、友人が
キューバ大使館の方に連絡つけて
色々な情報を習得中、、、後は時間の問題。

まずは文通から。

オルガさん、家族の近所の方がメールをくださいました
隣のロシヤ人は良く覚えています。男の子が二人、女の子が4人、獄死したパパさんや悲しみのママさん
の事もおぼえています。 昭和25,6年頃まで函館に居たと思います。 私や妹の遊び仲間でした。



at 00:38|PermalinkComments(2)