2016年03月01日

蝦夷鹿

最近は売ってますが 蝦夷鹿肉をもらいました

美味しい時期は雪が振った頃、たくさん餌を食べて、太ってる時

鹿の脂は固く、融点が高く、食べても消化しにくいので、通じがよくなりすぎます

赤身には、ほとんど脂がないので、レーアで食べるのが好きでです
なんとか肝炎になる危険があるからと言われてますがね。

しか2

しか1


軽く表面だけ焼いて、スライス
しか3

下茹でして脂をのぞき、カレーに
P1010009

   ちょこっと外れて、これも北海道らしい、ニシンの切り込み
   市販品は色々あるけど、自由市場で売ってる、自家製のもんが、一番好き
P1010011


codaruma at 09:30│Comments(2)TrackBack(0)日比のできごと | 食べ物

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ペン   2016年03月01日 21:58
こんにちは

鹿肉、函館深堀町のスーパーで売ってるのを見て感動しました。
昔、和歌山県は湯ノ峰温泉民宿で鹿肉の刺身を食べたのが最初で最後です。クセなど無いおいしいものでした。函館では容易に手に入るのですね。

保護していた鹿が増えすぎて、環境省の策として鹿を食べようキャンペーンやってます。ハンターの育成もやってまして、今なら簡単に国のバックアップの元銃のライセンスがとれます。

増えすぎて困っている猪もキャンペーンの対象になってます。流石にアライグマや台湾赤猿、キョンなんかは食えないので手を焼いているそうです。

鰊切り込みは大好きで、必ず買って帰ります。自由市場の菊地商店さんのがおいしいのですが、高いので最近は魚長のを買ってます。
切り込みで日本酒を一杯、というのが希望ですが、肴が必要なほどの酒量はまだ危ないのでそれが実現するのはちょっと先になりそうです。
2. Posted by おぢさん   2016年03月02日 03:11
ペンさん
函館のスーパーに、売ってましたか
私は買ったことないのです

20年ほど前なら、ハンターの知り合いが居たので、大量にもらって食べてたんですよ
最近は皆さん年をとり、引退してしまいました、
若い人がハンターになりたがる人は少ないかもね、お金掛かるし、銃の保存も面倒、警察に届けなくてはならない、一人では行けない
北海道なら雪の中の山を歩いてやらねば、
打ち殺してから処理して、運ぶのも重労働、私はいろいろ聞いてたので、とてもやる気にはなりませんでした。
食べるのは好きなので、(けっこう嫌がる人が多いんですよ)そちらからも、もらえたんですが、こんかい浦川方面から送られてきて、食べない人から、回ってくるようになりました、ラッキーです。

切り込み、菊池商店ものしか食べないんですよ、他のものは、甘くて好みでないので。 実は、これも自分では買わないで、いつももらうんです。
散歩おばさんに、私が作った料理を、たまに差し上げてるお礼にと。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字