2007年11月26日

オルガさんが里帰り


オリガさん、その他関係者の皆様、本当にご苦労様でした


今回函館にオリガさんを招いた函館日ロ交流史研究会
函館とロシアとの係りを掘り下げて研究されてる組織
私は入ってませんが、今後色々お手伝いを微力ながらささて頂くかもしれましれません(私は独自の視点、ネットワークで色々な函館写真アーカイブを自由に作って、楽しんで行く方が良いと思うので、一個人として楽しんで行きたいと思います)


50数年の時を超えて、幼馴染、同級生、幼稚園の先生、近所の方

その他の方々

よくぞ集まったものだと、うれしく思います

関係者の方々がたくさんの写真を写してたので

私はここに貼りません

地域交流まちづくりセンターまちづくりセンター活動日記に写真及び解説があります

とにかく素敵な一日をありがとうございました

オリガさん、今度はご兄弟全員で、帰郷なされる事を期待しております

どう考えても、オリガさんの故郷は函館ですよ。






オリガさん、函館に着きました
あすは、確実にお会いできます
人事ながら、興奮してきましたよ。






オリガさん無事、日本に到着
この雪で、飛行機が函館に来れるかが心配だ


追伸
いよいよ、オルガ(オリガ)さんが来ます
24日に会えます
興味があり、時間がとれる方は行ってください
私も須藤さんもあの人も、現場に居ります
50何年かぶりに会う人の思いって

私には判りませんが、繋ぐ事ができる喜びと感激は

これから体験するのでしょう。

今日のオリガさん情報が載ってる函館新聞です

オルガさん家族が住んでた隣の方
  その隣の家に間借りしてた方の娘さん
(オルガさん姉妹の写真を持ってて
私に質問された、事の発端会話の主)

当時の事を覚えてる、
貴重な方々が今回オルガさんと50年いじょう振りに
会います

東京からは、教会繋がりと今回のオルガさんを探す為に
キューバ大使館に何度もメールしてくださり、
オルガさんとメール連絡ができるようにしてくれた
バガーマンさんが来ます

高木さん
キューバに出かけた折、オルガさんと会い
『望郷の函館』シリーズをweb上に載せたのです
(それを読んで私が確信したのです)
この時点で高木さんに連絡をとれたらよかったんですが
(どの高木さんなのか判断できませんでした)
今回の訪日(帰郷)に一番係わってる方です
ありがとうございます


そして、私が書いた記事をmakipapa(神戸在住)さんが、おばあちゃんから
聴いてた近所の話の人だと感じて
私に連絡をくれました、感謝。

一応、一番近かった方々が揃ったのですが
同級生や幼友達がみつかると、楽しいかなと思います。




この話題は 11月26日までトップにします


今月中にオルガさんが函館に来る

できれば、同級生、幼友達などに会わせてあげたい

昭和15年松風町生まれ松風町在住、大森小学校在籍でした

おじちゃん、おばあちゃんでオルガさんの事を覚えてらしゃる方を
探してくださいませんでしょうか。


オルガさんのお姉さんガリーナ・アセーエヴァさんのこと

オルガさんの事

オルガさんは本来なら日本人として暮らしてたかもしれない

戦争という、へくさい出来事が彼女の人生を大きく変えたのではと
思ってます




oruga.bmp


オルガさん家族(大沼にて)
函館日ロ交流史研究会 ガリーナ・アセーエヴァさんに再会して より拝借
大沼でのズヴェーレフ一家 前列左からガーリャ、ターニャ、アリョーシャ、ミーシャ。後列は父クジィミーン、祖父テレンチイ、ナージャを抱いた母ダーリィア

daadb49c.jpg



at 14:03│Comments(0)オルガさん 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字